wwii’s blog

気まぐれに書きたいことを書いていくブログにする予定。@kyouranebi

Qisan ゲームメカニカル式キーボード 68キー OUTEMU青軸 白いキーのキャップと銀色プレート(MAGICFORCE SMART 68KEYS MINI MECHANICAL KEYBOARD)をぽちってきたレビュー(2019/01/11)

Qisan ゲームメカニカル式キーボード 68キー OUTEMU青軸 白いキーのキャップと銀色プレート

 

MAGICFORCE SMART 68KEYS MINI MECHANICAL KEYBOARD

 

 

欲しかった理由は、

amazonレビューにリアルフォース30gに近い押し心地と有った。

・コンパクトなキーボードがほしくHHKB PROFESSIONAL BTを検討中に見つけたから。

 

箱の表面

f:id:wwii:20190110171027j:plain

 

箱の裏面

f:id:wwii:20190110171030j:plain

 

箱の中身
f:id:wwii:20190110171034j:plain

 

REALFORCE  R2TL-JPV-IV との比較

f:id:wwii:20190110171215j:plain

 

先ず、キーボードを比べて思ったこと....

コンパクトを求めていたのに

「対して大きさ変わらねーよ!!」

 

まあ、それは良しとしましょう。

 

しかし、打鍵感を比べてみた......

REALFORCEの押し心地を求めていたのに

「メカニカルキーボードの

CERRY MXの青軸が一番近いよ!!」

 

ちなみに、私は青軸が一番大っ嫌いです。

カニカルキーボードも持ってはいますが使っていたのは黒軸です。

 

OUTEMU青軸なのでおそらくはCERRY MX互換軸でしょう。

その辺りは見なかった私が悪かった。

 

青軸が嫌いな理由

・煩い(それがいい人もいますが少なくとも打ってない人に対しては目障りです)

・押し心地(スイッチ感あるのに軽すぎるせいで誤入力が増える)

 

MAGICFORCE SMART 68KEYS MINI MECHANICAL KEYBOARD

自体のレビューです。

 

・まずは押し心地ですが、普通にメカニカルキーボードの青軸です。

REALFORCE 30gとは断じて違います。ちなみに私の使っていたREALFORCEは変荷重というブラインドポジションをしっかり覚えている人にとって小指など力が入りにくいところに30gが使われておりそこと比べた感想です。(変荷重は30g,45g,55gが混ざっており押しやすく設計されているものです。)

 

個人的にはREALFORCEの30gの方が軽いと思いました。

確認のためググってみるとこの互換軸は35gだそうです。(通常の青軸より5g重いわけだ....)

 

その次にキー配置の感想です。

・まずは半角/全角がなくてつらい...そこはhhkbも一緒なんですけどね。

・右上の本来6つある内の4つだけ残ってるのも微妙.....全部なくすか6つにしてほしかった。

 

 

個人的な結論ですが

このキーボードは失敗です。

押し心地、音、大きさ、ボタン配置の面でダメだと思いました。

ただ、macの周辺機器としては色合いは丁度いいかなとも思いました。

 

見た目だけ良くても他がだめだと私は使う気にはなりません。(私は機能重視で見た目気にしない人間なので。)

 

おすすめできる人は、見た目重視の人とメカニカルキーボードの青軸を安く手に入れたい人くらいです。自称ゲーマーの方なら好むのかな?